女性用の正装の和服

現在の女性用の正装の和服の基本はワンピース型であるが、女性用の袴は女学生の和服の正装の一部とされる。明治・大正時代に、学校で日常的に着る服として多くの女学生が女性用の袴を好んで着用し、女学生の袴姿が流行したことが、日本の文化として定着した。そのため、現在でも入学式・卒業式などの学校の儀式で袴を正装の一部として好んで着用する女学生がいる。 現在の女性用の正装の和服には、黒留袖、色留袖、振袖、訪問着、喪服などがある。これらの正装用の着物の特色は絵羽模様(えばもよう)によって柄付けがなされていることである。絵羽模様とは小さなパターンが繰り返し染められている反復された模様ではなく、和服全体をキャンバスに見立てて絵を描いたような模様のことであり、脇や衽と前身頃の縫い目、背縫いなどの縫い目のところで模様がつながるようにあらかじめ染められている。これら正装用の着物は原則的に結婚式・叙勲などの儀式・茶会など格の高い席やおめでたい儀式で着用される。  留袖には、黒留袖と色留袖がある。黒留袖は地色が黒で染められているもので、色留袖は黒以外のものが地色のものを言う。黒・色共に原則として既婚女性用の第一礼装であるが、最近では色留袖が未婚の女性に着用されることも多くなった。 Wikipediaより引用

上の文章を、キーフレーズ抽出してみる

下のようになります。

キーフレーズ抽出

色留袖 : 100

絵羽模様 : 95

女学生 : 83

和服 : 61

黒留袖 : 56

縫い目 : 53

地色 : 51

背縫い : 45

これら正装用 : 44

袴 : 41

おめでたい儀式 : 37

大正時代 : 36

前身頃 : 35

訪問着 : 34

キャンバス : 33

着物 : 33

叙勲 : 32

喪服 : 28

もよう : 28

衽 : 27

Web Services by Yahoo! JAPAN

Contact

FormMail

Info

EZPG.net